GOT7、メンバー全員がJYPと再契約せず ”魔の7年”超えられず

GOT7
GOT7が、JYPエンターテインメントとの契約を終了する。GOT7も”魔の7年”を超えることはできなかった。

JYPエンターテインメントは11日、「1月19日、所属アーティストのGOT7と専属契約満了を控えて、メンバーたちと深い議論を行った。その結果、双方はより新しい未来を願って、合意の下に再契約は行わないことにした」と公式コメントを通じて明らかにした。

GOT7は2014年1月16日にデビューした後、7年余りの間、K-POを代表するグローバルアイドルグループとして国内外のファンから愛されて来た。JYPは「K-POPとJYPの成長を支えてくれたGOT7、そして、デビューと共に惜しみない声援で、GOT7の活動の原動力になってくださった『I GOT7』ををはじめとするすべてのファンの方々にも心から感謝を伝えたい」と述べた。

そして、「公式的な縁は終わるが、JYPは今後GOT7のメンバーたちが歩む新しい未来を心から応援する」とつけ加えた。

今後、メンバーたちはそれぞれ別の事務所と契約する予定で、事実上グループも解散の手続きを踏むとみられる。 メンバーたちはグループへの愛情やグループ継続の可能性をほのめかしているが、グループの維持は事実上難しいと見られるというのが、業界の大半の見方だ。

もちろん、所属事務所が違っても一緒に活動できる可能性はゼロではない。SHINHWAやgod、Brown Eyed Girls、JYPが創った2PMも同様に、一部メンバーの所属会社が異なる。

しかし業界は、事実上GOTの解散に重点を置いている。JYPがGOT7に対する商標権を持っている中、すべてのメンバーが会社を離れるという状況がメンバーの再結合に肯定的に作用することはあり得ないという意見が大勢を占めている。

関連記事一覧

特集記事

TOP