ぺ・ジヌン、突然SNSを非公開に! 「40歳俳優が後輩女優への強姦未遂」報道から30分後

ぺ・ジヌン

俳優ぺ・ジヌンが11日、Instagramのアカウントを突然、非公開にした。理由は不明だが、この日、スポーツ京郷が、40歳俳優による後輩女優への強姦未遂事件をイニシャルで報道した直後だったことから、事件との関連を疑う視線が向けられている。

この日のスポーツ京郷は、昨年12月23日に京畿道(キョンギド)で俳優A氏(40)が後輩のモデル兼女優Bさんに対してわいせつな行為を行ったと報じた。それによると、A氏がBさんを「友人らと一緒に酒を飲もう」などと言って別荘に誘い出し、突然後ろから抱きしたという。Bさんが制止すると、性的なジョークを言ったり、ズボンを脱いだという。Bさんからの申告を受けて警察は、わいせつ行為や強姦未遂の容疑で捜査を開始している。ショックを受けたBさんは現在、精神科の治療を受けているという。

こうした内容が報道されてから約30分後、ぺ・ジヌンはInstagramのアカウントを突然、非公開にした。一部韓国メディアによると、2週間前までは当該アカウントに投稿するなど、SNS活動を続けてきた。

スポーツ京郷では、加害者についてA氏としているが、年齢40歳で、ドラマ「グッド・キャスティング」、映画「隊長キム・チャンス」「藁にもすがる獣たち」に出演した加害者のヒントを記していた。ぺ・ジヌンはこの3作品に出演。また1982年生まれなので、韓国の年齢で40歳となり、加害者と見事に一致する。

現時点では、加害者の俳優を特定したり、放送局や映画会社、製作会社、所属会社なども公式の立場を示していない状況だ。それだけに、ぺ・ジヌンがどのような理由でSNSを非公開にしたのか、疑念が広がっている。

関連記事一覧

特集記事

TOP