ラッパーBig Joe、手術後に死亡! ”ヨーヨー現象”で体重320キロに…享年43

Big Joe

「ヨーヨー現象」(減量しては体重が戻り、また減量するというリバウンドを繰り返すこと)により、最近320キロまで体重が増加し、活動を中断していた歌手Big Joeさんが6日、手術中に死亡した。43歳の若さだった。

Big Joeさんは6日午後6時20分ごろ、京畿道金浦(キョンギドキムポ)市内の病院で体内の炎症を取り除く手術を受けていたが、経過が悪く、死亡した。

かつて所属していた制作会社の関係者は、「デビュー当時も体重が250キロ近くあり、体内にときどき炎症が起きていた」といい、「今回は体重が再び増加したため入院した。炎症が出て臓器に問題が起き、出血があったため手術をしたが、出血が止まらず息を引き取った」と話した。

関係者によると、家族は母親だけで、「現在、非常に取り込んでいる状態だ。葬儀の手続きはまだ何も決まっていない」と説明した。

Big Joeさんは先月12日、YouTubeチャンネル「オムサンヨン」で、健康状態の悪化のため活動を中断する予定だと明らかにしていた。最近はリバウンドによって体重が320キロまで急増し、腎不全や糖尿などの症状が出ていた。さらに、酸素吸入器を使用して呼吸しており、酸素供給量が足りず、喉を切開してチューブへとつなげて呼吸するようになったため、体内炎症除去手術を受けることになった。寝ている時に酸素吸入器が外れないよう、病床では腕や足を縛っていたという。

Big Joeは、米国人の父親と韓国人の母親の間に生まれたハーフの歌手だ。2008年にはユニット「ホラダン」の1stアルバム「Spotlight」で歌謡界にデビューした。その後、「モンスター·ブルシックス」のメンバーとしても活躍し、ラッパーの才能を立証した。

デビュー当時、Big Joeは250キロ超の体重で注目を集め、その後、有名トレーナー、ショーン・リーらと一緒にダイエットに取り組み、100キロ超の減量に成功したが、ヨーヨー現象で320キロまで体重が激増していた。

関連記事一覧

特集記事

TOP