CODE-V、「夏のファンミーティング2018in沖縄」が中止に! ビザの問題か

2018-09-14

日本をメインに活動している5人組ボーイズグループCODE-Vが8月3日から5日まで2泊3日の予定で開催する予定だった「CODE-V 夏のファンミーティング2018in沖縄」の中止が2日、オフィシャルサイトで発表された。

それによると、「8月2日21時30分頃よりご参加者の皆様には近畿日本ツーリスト様よりご案内させて頂きましたが、『CODE-V夏のファンミーティング2018in沖縄」は中止とさせて頂く事となりました。直前まで開催に向けて尽力いたしておりましたが、このような結果となり誠に申し訳ございません」と謝罪。「ご参加者の皆様へのご返金に関しては近畿日本ツーリスト様より後日ご案内差し上げます。楽しみにされていた皆様にはメンバー、スタッフ共々心よりお詫び申し上げます」と重ねて謝罪した。

中止の理由については一切触れていないが、メンバーのソルは最近行った「LINE LIVE」の中で、ビザがまだ下りていない現状を報告。「ぜひビザが早く下りて沖縄ファンミできますようにみんな祈りましょうね」とファンに呼びかけていた。

ちなみにツアーの発着地はオフィシャルサイトによると、羽田空港、伊丹空港、セントレア空港、福岡空港の4空港だけ。北海道や東北地方など遠方のファンは4空港のある地域に前日までに移動しなければならないだけに、すでに出発したファンもいるとみられる。その場合、金銭的に大きな負担が強いられるだけに、ツアー出発前日の発表に戸惑いを隠せないファンも多いようだ。

CODE-Vは今年2月にもライブツアーの名古屋公演とメンバーのサンウのバースデーパーティーを就労ビザが下りず、中止したことがある。

沖縄ファンミの開催は6月7日に発表。「今年も夏のファンミーティングの開催が決定しました。今年はCODE-Vにとっても思い出深い沖縄です。スペシャルライブや撮影会の他、ファンクラブならではの企画も実施致します!」と告知していた。