Jewelry出身ソ・イニョン、日本人事業家と年内結婚報道も否定! 「現在、彼氏はいない」

ソ・イニョン
ガールズグループJewelry出身の歌手ソ・イニョン(36)に2日、結婚説が浮上した。韓国メディアMarket Newsがこの日、ベンチャー企業を経営している日本人事業家と結婚を前提に真剣な交際を続けており、正確な時期は決まっていないものの、年内に結婚する予定と報道した。これを受けてソ・イニョンはSNSで「事実ではありません」と否定した。

ヒョンビン♥ソン・イェジンカップルの誕生に続き、韓国芸能界に2日連続でのおめでたい話題の登場かと思われたが、ソ・イニョンの結婚報道は事実ではなかったようだ。

日本事業家と年内結婚が報じられたソ・イニョンはSNSで「事実ではない」と否定。さらに韓国メディアnews1の取材に、「本当ならいいのですが、そうではないので恥ずかしい。いい男性に出会いたい」と改めて結婚説を否定した。「どのように記事が出たのかわかりませんが、ボーイフレンドはいたりいなかったりしますけど、ここしばらくはいません」と最近の恋愛事情を明かした。

結婚記事に登場した日本人実業家とは3年前に交際したのは事実としたうえで、、「(当時も)結婚を前提にした関係ではなく、自然な出会いだった」といい、「3年前のことなので戸惑います。最近のことならいざしらず、昔のことなので何と言えばいいか分かりません」と困惑気味に話した。

突然の結婚説に、家族もビックリしたそうだ。これまでも家族にはボーイフレンドを紹介してきており、「最近は彼氏に会わないので妹が心配していました。記事が出て、お姉さん、何? 私も知らない彼氏がいたの? と連絡がありました」と苦笑い。

現在は「ソロ」の状態だそうで、「今は結婚という考えはあまりない。もう少し自由に暮らしたいし、音楽もしたい、他のこともやりたいという欲がより多い」と話したが、「それでもいい男性には出会いたい」と話して笑わせた。

2002年にガールズグループJewelryのメンバーとしてデビュー。2008年MBC「私たち結婚しました」で歌手Crown Jとの仮想結婚生活を通じて率直で堂々としたキャラクターとして注目を集めた。同年Jewelryの「One More Time」が大ヒットして人気を集めた。2009年にグループ脱退後はソロ歌手に転向し成功を収めた。しかし2017年JTBC「あなたと一緒に2-最高の愛」で暴言&悪態騒動を起こし、突然番組を降板し、自粛の時間を過ごした。

2018年シングルアルバム「目を閉じて」で復帰し、昨年SBS plus「私にONトロット」に出演し、トロットに挑戦するなど新しい姿を見せた。今年もファンに歌手としての姿をたくさん見せる予定のほか、ファッション関連の小さなビジネスを計画中という。

特集記事

TOP