ハン・ジヘが妊娠4カ月! 結婚11年目で待望の第一子授かる…超音波写真も公開

ハン・ジヘ

女優ハン・ジヘ(36)が待望の第一子を授かったことが31日、明らかになった。韓国メディアnews1が報じた。結婚11年目で妊娠したハン・ジヘは両家の家族の祝福の中、現在は胎教に力を入れているという。報道を受けて所属事務所は妊娠の事実を認めた。来年夏ごろに出産予定という。ハン・ジヘ自身もYouTubeチャンネルを通じて「今年うれしいお知らせが来てとても感謝しています」と喜びを爆発させている。

所属事務所Awesome ENT関係者は31日、「ハン・ジヘが新しい命を授かった。妊娠4カ月目に入った。来年夏ごろに出産予定」と妊娠の事実を認めた。

現在夫とともに済州島に住んでいるハン・ジヘは30日、自身のYouTubeチャンネルを通じ、自ら書いた手紙を読みながら妊娠を報告。「新型コロナという困難が多かったのですが、うれしいニュースがるのでお伝えしようと思います。ついに私にも大切な赤ちゃんがやってきてくれました。結婚してずっと子供がいなくて悩んでいましたが、今年うれしいお知らせが来てとても感謝しています」と胸躍る心境を伝えた。

続けて、「夫と両家の家族も喜んでおり、知人からもお祝いを受けて、最近うれしい気持ちで気をつけながら過ごしています。胎名は、会えてうれしいという意味を込めて“パンガビ”です。“パンガビ”と一緒に来年の夏にはごあいさつできそうで楽しみです」と笑顔を弾けさせ、「女優としてもママとしてもまだ足りない部分が多いですが、一日、一日を一生懸命に頑張って健康に暮らします」と約束。「みなさんも健康に気をつけて」とファンを気遣った。

ハン・ジヘ

31日午後にはInstagramで赤ちゃんの超音波写真を公開。「きょうは2020年の最終日です。今年が過ぎる前にうれしいお知らせがあるので伝えようと思います。かわいい赤ちゃんがやって来てくれました。今は感謝の気持ちで、慎重に過ごしています」と明らかにした。

ハン・ジヘは2001年、スーパーモデル選抜大会を通してデビューし、2003年KBS 2TVドラマ「夏の香り」で女優デビューを果たした。その後、「ランラン18歳」「憎くても可愛くても」「メイクイーン」「金よ出てこいコンコン」などに出演。昨年はMBCの週末ドラマ「黄金の庭」に出演し、多くの視聴者に愛された。

2010年9月には6歳年上の検事と米ハワイで非公開の中、結婚式を挙げた。現在は済州島で暮らしており、最近ではYouTubeを開設し、ファンとコミュニケーションを取っている。

特集記事

TOP