gugudan、デビュー4年で電撃解散! 12月31日を最後にグループ活動終了

gugudan
ガールズグループgugudanが31日をもって解散することが30日、明らかになった。所属事務所Jellyfishエンターテインメントは30日、「デビューからこれまで一生懸命走ってきて、多くの愛を受けてきたgugudanが、今月31日を最後に公式的なグループ活動を終了する」と発表した。Mnetのオーディション番組「プロデュース101シーズン1」に出演したキム・セジョン、カン・ミナ、イム・ナヨンがメンバーに含まれ、大きな注目を集めたが、デビューから4年で終止符を打つことになった。

所属事務所によると、メンバーと長い間、深い議論を交わした末にグループ活動を終了することに最終的に合意した。「グループ活動は終わりますが、当社はメンバーたちの音楽、演技など多様な個人活動のために全面的な支援を惜しまず最善の努力を尽くす予定」と今後のサポートを約束。「これまで送ってくださった大きな声援にもう一度感謝し、gugudanを大事にしてくださるファンの皆さんに突然のニュースを伝えることになり、心から申し訳ない」とファンに謝罪した。

gugudanは2016年、ミニアルバム「Act.1 The Little Mermaid」でデビューした。「プロデュース101シーズン1」に出演して大きな人気を集めたキム・セジョンとカン・ミナ、イム・ナヨンがメンバーに含まれ、Jellyfishエンターテインメント初のガールズグループということもあって、人気ガールズグループとして大きな注目の中でスタートを切った。

デビュー前から注がれた関心を追い風に、「劇団ドル」という新しいコンセプトを試みたりもした。gugudanというグループ名には、9つの魅力を持った9人の少女たちが集まった劇団という意味が含まれており、これを活用するため、アルバムごとに童話のようなストーリーを盛り込むために力を注いだ。デビューアルバムでは童話「人魚姫」のコンセプトを借用し、2枚目のミニアルバム「ナルシス」ではギリシャ神話に登場する人物をモチーフにしたストーリーを描いた。

しかし、当初の関心は長続きしなかった。2018年11月に3枚目のミニアルバム「Act.5 New Action」を発売して以来、約2年間空白期間が続き、ファンは心を痛めた。セジョンやミナなど一部メンバーはドラマやバラエティー出演、OST発売などソロ活動を継続、セジョン、ミナ、ナヨンはユニット「SEMINA」として活動したりもしたが、公式アルバムと完全体での活動は見られなかった。

その後、2018年10月、健康上の理由で活動を休止していたヘヨンが脱退を発表。また今年5月にはセリが中国メディアとのインタビューで、「2人のメンバーが最初から人気がたかきゅ、メンバー間の格差が大きかった。ファンが多い彼女たちだけに大衆の視線が集まっている」と残念な気持ちを吐露するなどグループ活動に対する不満を述べ、解散説が浮上。ファンの間にも不安が広がった。

結局、その不安は現実となった。デビュー4年目に解散を決め、gugudanは歴史だけになった。ただ、所属事務所は、今後メンバーたちの個別活動に対しては支援を惜しまないと話しているだけに、彼女たちがどのような方法でまたファンたちに会えるのか、今後の活動に注目と関心が集まっている。

特集記事

TOP