人気漫画家キム・ソンモ氏が新作で日本の「スラムダンク」をパクる!? 疑惑否定も連載は中止に

韓国の人気漫画家キム・ソンモ氏の新作ウェブ漫画「高校生活記録簿」が日本の人気漫画「スラムダンク」(井上雄彦)をパクったとの疑惑が浮上、連載が中止になった。

同作を見たネットユーザーたちからはオンライン掲示板に、「高校生活記録簿」に登場する人物と「スラムダンク」の登場人物の顔や表情などが酷似していると指摘があった。それだけでなく、絵(図面)の上に半透明になった薄い紙を重ねて、ペンを使って下の絵(図面)をそのまま書き写す「トレーシング」との疑惑も指摘された。漫画業界でトレースとは「パクリ」「盗作」を意味する。

一部ネットユーザーは「高校生活記録部」と「スラムダンク」の一場面を比較する写真を作成し、その酷似性を指摘している。

これについて、キム氏は1日、Facebookに「以前、漫画の習作時代、作家のデッサンマンになりたくて『スラムダンク』を30冊ほど書き写したことがある。大ファンだった作品なので、30冊ほど書き写していたらいつのまにか描き慣れてしまい、その後に私の作品で『似ている』という指摘を受けてきた」と明らかにした。

キム氏は、「所構わず他の作家の絵を書き写すようなことはしていない」とパクリ疑惑を否定したが、「今回のことを確認してみると、本当に読者が疑うほど全く同じだった。直ちに是正措置を取って、もう2度とこのようなことがないようにする」と謝罪した。さらに「画風が似ていることは、脳より手が先に動くことなので理解してほしい」と釈明にならないような釈明をした。

もっとも大衆は彼の説明を信じていない。誰がみても「同じ」だからだ。漫画業界関係者も「衝撃であり、パニクっている」「信じられない」と驚きを隠せない。「これで漫画家生命が終わった」との声もあがっている。

キム氏は先月9日から「高校生活記録簿」を公開。韓国ポータルサイト「NAVER」で火曜日に公開される全体のウェブ漫画うち、照会数2位を記録して好評を得ていたが、NAVER側は連載の中止を決定した。

キム・ソンモ氏は1993年、短編「約束」でデビュー。「ラッキー・ チャン」シリーズ、「魔界大戦」などが代表作だ。あるインタビューで「私が大韓民国最高の作家」と自己陶酔的な発言をして”問題作家”とお墨付きをもらったこともある。