不法遠征賭博、SUPERNOVAユナク&ソンジェ、オンライン遠隔賭博まで

ユナク&ソンジェ

日本で人気のダンス&ボーカルグループ、SUPERNOVAのユナクとソンジェの遠征賭博論議が再び浮上した。MBC「ニュースデスク」は25日、「日本で人気を集めた有名アイドルグループのメンバー1人が、今年9月に遠征賭博容疑で警察の取り調べを受けたのに続き、韓国でもオンライン賭博をしていたことが新たに確認された」と報道した。

報道によると今年9月、日本でも活動しているアイドルグループのメンバー2人が、フィリピンで数千万ウォンを賭けて違法賭博をした疑いで警察調査を受けた事実が明らかになったが、うち1人が国内でもオンライン賭博もしていたことが確認された。

このメンバーは、いわゆる「アバター賭博」の手法を利用してオンライン賭博を楽しんだという。「アバター賭博」とは、現地(今回はフィリピン)のカジノが生中継で賭博場を公開し、韓国からアクセスした参加者たちが、カジノ現場にいる人を“アバター”と指定した後、ベッティングを指示する手法とい。

高額な旅費を支払う必要がないことから、同番組は「アイドルグループのメンバーの他に、人気俳優や暴力団員などもオンライン賭博リストに含まれている」と伝えた。

警察調査の結果、賭博サイトが少なくとも4年は運営されていたとみており、全体の掛け金だけで約8000億ウォン(約755億円)に達するという。アイドルメンバーがフィリピンの違法賭博とアバター賭博にかけた掛け金は、約5000万ウォン(約472万円)だ。

番組では、アイドルグループの実名は明らかにしなかったが、その後、仁川地方警察庁広域捜査隊による後続報道が相次ぎ、アイドルグループはSUPERNOVA(現地メディアは超新星と表記)であることが確認された。SUPERNOVAのユナクとソンジェは今年9月、遠征賭博で調査を受けているという事実が明らかになっており、2人の名前は早くからオンラインポータルサイトのリアルタイム検索語ランキングに上がった。

関連記事一覧

特集記事

TOP