BLACKSWANヘミ

詐欺容疑で告訴されたBLACKSWANヘミ側、告訴人に対し「名誉毀損・脅迫罪などで法的対応を取る」

BLACKSWANヘミ

ガールズグループBLACKSWANの元メンバー、ヘミ(本名キム・ヘミ、24)が詐欺容疑で告訴された中、今月7日で契約満了となっている元所属事務所DRミュージックは、ヘミを告訴した会社員Aさん(30)に対して法的措置を取ることを宣言。同社は「悪意的な虚偽事実流布による名誉毀損、脅迫罪、強制わいせつなどの疑いで強硬に法的対応をすることにした」としている。一方、ヘミが所属していたBLACKSWANは騒動を受けて公式活動を暫定的に中止することになった。

ヘミが詐欺容疑で告訴された件は9日に韓国メディアDispatchが報道したスクープ記事で明らかになった。報道によると、ヘミは男性会社員Aさんに5000万ウォン(約465万円)相当のお金を借りたが、返済せずに連絡を絶ったため、詐欺の疑いで告訴されたという。

ヘミとAさんは2年前にInstagramのDM(ダイレクトメッセージ)を通じて知り合った。その後、Aさんは「歌手として成功したらお金を返す」という彼女の言葉を信じ、1年間で約5000万ウォンを支援。だが、彼女に用意したオフィステルは、他の男性とのデート場所として使用され、貸したお金のほとんどは遊興費に使われたと主張した。ヘミとの関係については「恋人関係では絶対にない」とし肉体関係についても否定。「彼女にお金を返してほしいと要求したが、連絡が途絶えた」と悔しさを訴えた。現在、Aさんは通常の生活が困難な状態だという。

これが事実ならばかなり衝撃的な内容だが、DRミュージックは10日、公式立場を通じて「ヘミの予期せぬ詐欺事件に非常に当惑している。ヘミに確認した結果、最初に報道された内容は歪曲され、過度に膨らまされた部分が多い」と指摘。「Aさんに対し、悪意的な虚偽事実流布による名誉毀損、脅迫罪、強制わいせつなどの疑いで強硬に法的対応をすることにした」と明らかにした。

Dispatchの報道では、2人の出会いはSNSで知り合ったとされるが、所属事務所は「ヘミがafreecaTVのBJとして活動していた時に、数え切れないほどの『星風船』(投げ銭)をプレゼントしたAさんに対する感謝の気持ちから会ったもの。別の意味はなかった」と説明。「それにもかかわらずAさんはヘミの宿舎であるオフィステルに来てお酒を飲みながら性的要求するなど過度な要求をしたので、ヘミは避けるしかなかった」とし、「500万ウォンというお金を借りたことのほかは、ほとんどがAさん自身が自発的に提供したものであり、クレジットカードも同じだ」と反論した。

さらに、「Aさんは事前の連絡もなく家に会いに来るなどプライバシーを侵害したが、ヘミは性的な要求には絶対応じなかった。「オフィステルの保証金」と表現されたお金も、告訴人の主張のような数千万ウォンではなく120万ウォンに過ぎない。借りた500万ウォンも11月以後に返済するという意思表示を明確にし、女性として性的な要求や会おうと言われるのが怖くて連絡を避けただけで、詐欺を働いたり悪意的に隠れたことはない。どうせ活動が始まるのに姿をくらますことはできない」と主張した。

Aさんが、オフィステルを別の男性とのデートの場所として使用したと話している点や、異常な女性という表現をされたことについては、「我慢できない。それはないという事実を立証する証人と証拠がある。法的訴訟を通じて一つ一つの事実関係を正す」と強く反論した。

ヘミは2015年からBLACKSWANの前身となるガールズグループRANIAとしてDRミュージックと契約。契約期間6カ月が残った時点で、BLACKSWANのデビュー曲だけで活動を終える条件でグループに合流。今月7日で契約が満了した状態。現在は同社の所属ではないは、DRミュージックは「個人的なことに会社が対応する義務はないが、ヘミを積極的にサポートする予定だ。無責任かつ悪意的な暴露で心血を注いで発表したプロジェクトに決定的な傷がついたのは、見過ごすことができない」と怒りをあらわにしている。

一方、ヘミが所属したBLACKSWANは騒動の余波で11日以降の公式活動を暫定的に中止することを発表した。この日出演を予定していたSBS MAV「THE SHOW」への出演も中止となった。先月16日に1stアルバム「Goodbye RANIA」でデビューしたばかりだが、前途多難な船出となった。

BLACKSWANヘミ
最新情報をチェックしよう!