BLACKSWANヘミ

BLACSWANヘミ、詐欺罪で告訴されていた! 会社員男性5000万ウォン被害を主張

BLACKSWANヘミ

5人組多国籍ガールズグループBLACKSWANのヘミ(24)が詐欺罪で告訴されたと、韓国メディアDispatchが9日、報道した。同メディアによると、SNSを通じて知り合った会社員のA氏(30)が10月26日、ヘミを告訴したという。A氏は5000万ウォン相当をだまし取られたと主張している。BLACKSWANは先月16日に1stフルアルバム「Goodbye RANIA」をリリースしたばかり。所属事務所DRミュージック関係者は同日、詐欺報道に関して「ヘミ本人に正確な事実を確認中」と話している。

Dispatchが報じたところによると、ヘミとA氏は、2018年12月にInstagramを通じてファンと歌手として出会った。その後、オフラインでも会うようになり、食事をしたり、お酒を飲むなどかなり親しい間柄になった。

その後、2019年4月に、ヘミから500万ウォンを貸してほしいと頼まれ、彼女の母親の口座に500万ウォンを送金した。最初は断ったが、「私が成功してすべて返す」「絶対に恩返しを忘れない」などと言われ応じてしまった。

当時、ヘミはソウル・永登浦(ヨンドゥンポ)で合宿生活をしていたが、Aさんは「一人暮らししたい」という彼女のためにオフィステルの保証金2000万ウォン、1年間の家賃1135万ウォンも支払った。さらには生活費までサポート。モバイルで送金したのは昨年5月から今年5月まで計212回で約1800万ウォンに及んだ。はなはだしくはクレジットカードまで作ってあげた。5カ月で使用したカード代は1280万ウォンだった。

A氏はDispatchに対して、「最初はファンとして応援しました。そのうち親しくなりました。異性として好感も生まれましたし、 ヘミが本気で成功することを望みました。それで助けてあげました」と話している。

A氏が貸したお金はほとんど遊興費として使われた挙句、彼が用意してあげたオフィステルは、男性との秘密のデート場所だったという衝撃の事実も発覚。A氏が金を返すよう要求すると連絡が途絶えたという。Aさんはヘミと恋人の間ではなく、肉体的関係もなかったと強調した。

DRミュージックは、TVDailyの取材に「事実確認中だ。 確認後、立場を明らかにする」と伝えた。

ヘミは2015年にガールズグループ「RANIA」のメンバーとしてデビュー。RANIAはグループ名をBLACKSWAN」に変え、先月16日、1stフルアルバム「Goodbye RANIA」を発表した。ヘミはBLACKSWANのメインボーカルとしてカムバック活動を終えた。

 

BLACKSWANヘミ
最新情報をチェックしよう!