リョウク&アリ

SUPER JUNIORリョウク♥TAHITI出身アリが熱愛中 アリ、新興宗教信者の噂は否定

リョウク&アリ

人気グループ、SUPER JUNIORのリョウク(33)とガールズグループTAHITI出身の女優アリ(26)が熱愛中であることが30日、分かった。最近、ネット上では2人が熱愛中という推測が提起されており、この日、双方が熱愛を認めた。リョウクが所属するLabel SJによると、リョウクとアリは親しい先輩・後輩の関係から恋人関係に発展したという。

リョウクは30日、公式ファン掲示板に「長い間待ってくださったと思うが、非常に遅れてしまって申し訳ない」を切り出し、「交際中の彼女についてこのようにお知らせることになって申し訳ない。私が彼女と交際している過程でも、エルフ(ファンクラブ)が多くの配慮をしてくれた」とファンに感謝の気持を伝えた。

2人をめぐるさまざまなうわさが飛び交っていることについては「事実ではない話がとても多く出回っていることが本当に残念だ」と心境を綴った。

続けて「常に私の第1順位であるSUPER JUNIORの活動に害が及ばないようにベストを尽くします。私を信じて待ってくださって感謝します」とし、グループ活動を最優先にすることを約束した。

一方、アリもこの日、SNSを通じて、「みなさんの心を不快にしたことについて謝罪し、誤解を釈明するために書いています。まず、私が今まで行った過ちでみなさんの心を傷つけたこと、心より謝罪します」と書き込み、自身が新興宗教新天地の信者であるという噂についても否定した。

SNSでリョウクとの熱愛をほのめかすような「ラブスタグラム」をしていたという疑惑については、「私はペアリングをしたことがありません。掲載した写真はすべて似ているデザインであるだけで、ペアリングではありません。そして、プレゼント用の花束の写真は、花は私が作ったものではありません。花屋はレッスンを受けていたところで、花が綺麗だとお勧めした店であることは事実です」と説明した。

新天地の信者とのうわさについては、「私はキリスト教の信者であり、絶対に新天地の信者ではありません」ときっぱり否定。「私であると掲載されたキャプチャーの女性は、私ではありません。2年前、知り合いの先輩がラジオをしてほしいと連絡してきました。そこが〇〇日報というところでした。今でも同メディアが新天地と直接の関連があるかは全くわかりません」と無関係であることを強調。そのうえで、「誤解を招いたことは心より申し訳ありませんでした」と謝罪した。

最後に、「これまで沈黙で一貫した点をお詫びします。私が釈明したり口を開いたりすることで皆さんの気分を害し、その方(リョウク)に迷惑がかかると思いました。いずれも私が公私を区別できなかったために起きたことです」と反省の弁を綴った。

リョウクは2005年にSUPER JUNIORのメンバーとしてデビュー。以来、歌手、ミュージカル俳優、ラジオDJなど多様な分野で活発に活動している。6月にはSUPER JUNIOR-K.R.Yとして1stミニアルバム「WHEN WE WERE US(青く輝いた私たちの季節)」をリリースした。

アリは2012年TAHITIのメンバーとしてデビューし、2018年に解散後は女優に転向して活動中で、演劇「母のレシピ」などに出演した。

リョウク&アリ
最新情報をチェックしよう!